読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらナース、地域で喜ばれる訪問看護師になりたい

社会人経験を経て、2015年4月から新卒訪問看護師としてデビューしました!今だけでなく、生涯きらきら訪問ナースが目標です!

訪問看護師2年目 研修状況(2017年1月~2月)

訪問看護ステーションくれよんでは、まるで飲み会に参加するようなフットワークの軽さで仕事の後や休みの日に研修に参加しています。

 

私自身も新卒で入職してから、数え切れないほどの研修に参加させて頂きました。今年に入ってからも既に沢山の研修に参加しています。

どんな研修に参加しているかを掲載したいと思います。

 

2017/1/12 都立小児総合医療センター 「小児在宅医療サポートチーム勉強会」

「Be Happy!!」をテーマに福井県福井市にある24時間365日の在宅医療を提供する在宅療養支援診療所「オレンジホームケアクリニック」の紅谷 宏之医師がお話をしてくれました。

 

2017/1/20 小平市在宅医療介護連携推進協議会主催 「呼吸と酸素の話」~呼吸器の病気と在宅酸素療法の基本~ 

医師・看護師・セラピスト・ケアマネージャー・介護士と一緒に学びました。小平すずきクリニックの鈴木道明師が分かりやすく呼吸器疾患のお話をして下さりました。

 

2017/1/21  全国新卒訪問看護師の会

講義内容は「キャリアについて考えよう」でした。ケアプロ訪問看護ステーションの岡田室長がゲスト講師に来て下さりました。

「新卒訪問看護師としてのキャリアは、少数派であるがゆえに悩みも多いと思います。でも、キャリアについてはそれぞれ異なって当たり前で正解はありません。その時々で、その時の自分にとってベストな選択をしていくことが大切で、沢山悩むことがあるかもしれないけど、悩むことを含めて楽しくキャリアを歩んで欲しいです」講義の最後に頂いた岡田さんの以下のお言葉が印象に残りました。

 

2017/2/2  鳥取大学医学部付属病院で「在宅医療推進のための看護師育成プログラム」全国新卒訪問看護師の会の代表等と講師として参加し、共に学び合いました。鳥取大学医学部付属病院の看護学生や実際に病棟勤務されている看護師らと一緒に在宅での看護の視点を学びあう良い機会になりました。

 

2017/2/6  都立神経病院の訪問看護ステーション連絡会 「神経難病の終末期 緩和ケアを考える」

医師・地域連携室の看護師・訪問看護師・セラピストの方々がテーブルごとに分かれて事例についてグループワークを行い発表しました。

 

2017/2/9  都立小児総合医療センター 「小児在宅医療サポートチーム勉強会」

「難病のこども支援全国ネットワークの活動紹介」「自立支援の実際」を認定NPO法人難病子ども支援全国ネットワークの方々がお話してくださりました。

日本には、およそ25万人以上の子ども達が難病とたたかっていることや、難病の子どもを育てている親やその兄弟の支援(家族支援)が大切だと学ぶことが出来ました。

 

2017/2/11~2/12  平成28年度小児等在宅移行研修事業 「多種職合同研修」

医療法人財団はるたか会あおぞら診療所の前田浩利医師がファシリテーターとなり、小児在宅医療の現状や多種職連携の意義を学びました。2日目のワークショップでは実際に重症心身障害児のポジショニングをペアになって行ないました。また、2つの事例について、医師・看護師・セラピスト・相談支援員・医療保育専門士等とグループ内で話し合い、発表を行ないました。グループごとで考え方や視点の違いがあり、答えはひとつではないのだという新しい気付きがありました。

 

2017/2/26 「専門看護師(CNS)認定看護師(CN)から学ぶ重症児の看護 -基本ケア-」

障害とは何かという概念を理解することから始まり、障害を持つ子どもの特徴や現状を総論で学びました。バイタルサインが示す意味からその子の成長・発達を促すケアが出来ることを認識することが出来ました。また、呼吸のメカニズムや重症心身障害児の呼吸の特徴やケアのポイントを学びました。骨折と衣類の着脱、清潔維持では、重症心身障害児特有の整形外科的問題(特に骨折・関節拘縮・変形)のメカニズムや、清潔ケアの意味と入浴介助時の留意点について学ぶことが出来ました。

 

以上は、私が(2017年1月~2月)受講させて頂いた研修ですが、くれよんのスタッフはそれ以外にも様々な研修に参加しています。

 

「もっと知りたい・もっと学びたい」を埋めてくれる研修は新卒訪問看護師2年目の私にとってとても有難く貴重な学びです。

沢山の研修に行かせてくれる職場と上司たちに感謝です!

 

新卒訪問看護師、継続はきっと力なり

新年明けましておめでとうございます。

本年も訪問看護ステーションくれよんを宜しくお願い致します。

 

私(松本)は社会人経験を経て看護師になり、新卒訪問看護師として2015年4月に入職しました。もうすぐ2年目が終わろうとしています。

 

率直に思うのは、看護師の資格を取得してからの学びが大事だということです。

私自身まだまだ未熟者です。飛行機の中で急病人が出たとして、キャビンアテンダントさんに「お医者さんか看護師さんはいますかー!?」と聞かれても自信をもって挙手できません。看護師の皆様はどうでしょうか。

様々な場面で少しでも役に立てるようにコツコツと学びを重ねていくしかないと思っています。

 

昨年は吉澤所長と一緒に岩手県訪問看護師研修会と宮城県で行われた訪問看護師新人育成セミナーの講師として呼んで頂き、私自身大きな学びを得ることが出来ました。

人前でアウトプットする為には、計画的で綿密なインプットが必要だと気付きました。

 

また、『コミュニティケア』や『訪問看護と介護』の記事を書かせて頂く機会に恵まれました。昨年は貴重な経験をさせて下さり感謝の気持ちでいっぱいです。

 

吉澤所長は『コミュニティケア』2016年7月号の診療報酬改定に関する記事「小児訪問看護への見直しは不十分」の記事を。

f:id:pokapoka888:20170110131215j:plain

f:id:pokapoka888:20170110131342j:plain

続きは…是非、ご購入下さい!

 

 

私は『訪問看護と介護』2016年11月号 「介護士から看護師へ、もっと知りたい学びたい!」を書かせて頂きました。

f:id:pokapoka888:20170110132104j:plain

f:id:pokapoka888:20170110132122j:plain

続きは…是非、ご購入下さい!

 

2017年4月から3年目になります。

訪問看護師としての基礎教育をしっかりと自分のものに出来るように前向きに学んで行きたいと思います。

 

東北ブロック主催 新人看護師 新人育成セミナーに参加しました

 だいぶ時間が経ってしまいましたが、先日(11/5)所長と日帰りで仙台に行ってきました。

仙台と言ったら「牛タン!!」 牛タンといったら…「利休!!」

所長と牛タンのにぎりを初めて食しました。まいうーでした。(日本酒に合いそう!飲みたかった…!!

 f:id:pokapoka888:20161201120627j:plain

 

 

ぬぬっ! 仙台の信号機を見てビックリ!!

生まれて初めて見た四角くて不思議な信号機!

f:id:pokapoka888:20161201121325j:plain

 

今回の研修は新人訪問看護師育成について、訪問看護ステーションくれよんから、所長の吉澤と新卒訪問看護師2年目の松本がお話しさせて頂きました。

 

東北ブロックの訪問看護認定看護師の方々が青森県岩手県福島県秋田県から新幹線や車で何時間もかけて一同集結する皆さん方のフットワークの良さに脱帽しました。

 

 

このチラシは青森県の病院の地域連携部で退院調整されている参加者の訪問看護認定看護師がオリジナルのイラストを含む作成をしてくれたそうです。

可愛くて素敵な挿絵!!

f:id:pokapoka888:20161201121346j:plain

 

 

所長は新卒訪問看護師を採用し教育してきたノウハウや、経営的なお話をキレのある語り口で表現されていました。

f:id:pokapoka888:20161201122515j:plain

 

 

私は新卒訪問看護師になって2年目の率直な感想をお話ししたのですが、話しながら強く反省しました。

もっと聞き手が為になる話しや、楽しめる話も出来ればよかったとか、

もっと上手く話せたのではないか…等と落ち込みました。

 

一年目の私は、「楽しくて苦しい一年目」と表現していましたが、

実は二年目も「楽しくて苦しくて責任が倍増だけど楽しいの二年目(回りまわって楽しい)」なのだと話していて気が付きました。(もっと早く気付いて!)

 

時に苦しくて、責任も倍増するけど、私は訪問看護の仕事が好き。

そう再認識できた仙台出張でした。

 

帰りの新幹線では所長とお決まりのビール!(500ml!!ワイルド!)

f:id:pokapoka888:20161201121400j:plain

 

 

自分の至らなさや未熟さに打ちのめされても、私は訪問看護の仕事に就いて良かったと思っています。

仙台に集まって来て下さった勉強熱心で温かくて寛大な皆様、

私に貴重な学びの機会を与えて下さりありがとうございました!!

 

I LOVE 東北!!

I LOVE 仙台!!

 

 

救急訓練講習会を行いました

今日は訪問看護ステーションくれよん事務所の2階にて、救急訓練講習会を行いました。

小平消防署から3名の消防士さんが講師として来てくれました。

くれよんの職員と外部から来てくださった介護士、総勢15名が参加しました。

 AEDを初めて使う人、使ったことがある人とそれぞれいましたが、今の流れ(やり方)を消防士さんが丁寧にデモンストレーションしてくれました。

 

「大丈夫ですか!?大丈夫ですか!?」と肩を叩きながら滑舌の良い通る声を発する消防士さん。(イケメン…)

f:id:pokapoka888:20161101130848j:plain

 

 

「心臓マッサージでは手根で乳頭と乳頭の間を5cm沈ませる感じで…」と消防士さん。

f:id:pokapoka888:20161101131353j:plain

 

実演が始まると、「オオォ~!!」と声が上がりました。(さすがイケメン)

 

新生児バージョンでは、先ほどの豪快さとは打って変わって、繊細なタッチで。

f:id:pokapoka888:20161101131435j:plain

 

 

いよいよ参加者全員で体験!消防士さんが心臓マッサージのリズムを手拍子で誘導。(目安は1分間に100回)

f:id:pokapoka888:20161101131511j:plain

 

 

続々と自分の身体を使って体験!

f:id:pokapoka888:20161101131547j:plain

 

 

AEDも使って体験。

f:id:pokapoka888:20161101131642j:plain

 

 

熱心に皆の様子を見て監督してくれているくれよんのマスコットガール「ミコちゃん」

 

f:id:pokapoka888:20161101133030j:plain

 

 

寛大な笑顔で見守っています。 

f:id:pokapoka888:20161101133246j:plain

 

 

 

「最後まで皆を監督してくれてありがとう!」と消防士さんが、帽子を被せてくれました。

 

f:id:pokapoka888:20161101132624j:plain

 

 

救急車の平均到着時間は8.6分といわれています。(※平成27年度版 救命救急の現状より)

心停止から1分ごとに、救命率は7~10%下がります。

その間に、私たちができる救命の技術を学ぶことが出来ました。

 

一般市民による迅速な救命蘇生(心肺蘇生や気道内異物除去)が何より患者の救命、後遺症予防、社会復帰により大きく貢献するといわれています。

 

自分の大切な家族や友人、そして目の前の人が突然倒れたとき、勇気を持って救命救急を実施していきたいですね。

 

小平消防署の皆様、ありがとうございました!

 

くれよん勉強会 『嚥下障害について』を開催しました!

先日10/7(金)19時から訪問看護ステーションくれよん2階にて、勉強会を行いました。

今回の講師は、『株式会社パリウムケア訪問看護ステーションあゆみ』の言語聴覚士(ST)の水村真衣さんです。

小平市内の訪問看護師や作業療法士理学療法士、ケアマネージャーの方々が参加して下さいました。

 

  f:id:pokapoka888:20161014144759j:plain

 

今回のテーマは『嚥下障害について~STがみていること していること きいていること できること~』でした。

 

そもそも嚥下障害は「なぜ、起きるのか」について分かりやすく学ぶことが出来ました。そして、STができることは大きく分けて3つ、①評価 ②訓練・環境調整・アドバイス ③説明(家族、食事を準備する人、他サービス)だということを学びました。

 

f:id:pokapoka888:20161014144829j:plain

 

その他、実際のケースを交えて具体的な介入方法についての紹介、顔面マッサージ・口腔マッサージ・呼吸筋ストレッチなどのリハビリ方法、お勧めの歯ブラシ、嚥下食の区分、おいしい嚥下食の試食などを行いました。

 

例えば、ご飯にかけるウニソースについては、

「えーっ!ウニの味!おいしい~!」

「これで、こんなにカロリーがあるの~!」

「しかも、お手ごろ価格~!」などと盛り上がりました。

 

本当にあっという間の勉強会でした。

 

f:id:pokapoka888:20161014145651j:plain

 

ST水村さんの分かりやすい説明と、熱意溢れる語り口に、聞いている私たちがワクワクと楽しんで学ぶことが出来ました。

水村さん、ありがとうございました!

 

くれよんでは今後も、さまざまな勉強会・交流会を行っていこうと考えています。

機会があれば、是非ご参加下さい。

 

 

 

 

多種職と認知症の勉強会

先日、訪問看護ステーションくれよんの事務所で多種職の方々を招き認知症についての勉強会を行いました。

講師は製薬会社から薬剤師の資格を持つ方が来て下さりました。

 

参加者はくれよんや他のステーションの訪問看護師だけでなく、リハビリスタッフ、デイサービス、ヘルパーステーションの介護士、ケアマネージャー、総勢20名を超える方々に来て頂きました。

f:id:pokapoka888:20160901224053j:plain

今回の勉強会では、認知症の社会問題や近隣市の物忘れ外来の状況、認知症の分類などを学びました。

 

認知症の分類を再現VTRで見て、この症状はどの分類にあたるかをグループごとに分かれてディスカッションをして発表しました。

アルツハイマー認知症レビー小体型認知症・血管性認知症のそれぞれの特性を細かく理解することが出来ました。

 

他職種で集い学び合い話し合う機会を持ち、普段から協働している他職種の方々との距離感が縮まった気がしました。看護師だけでなく、介護士やケアマネージャーやリハビリスタッフと共に学び合うことで、認知症に対する理解がより一層深まると思いました。

また、昨年行かせて頂いた新人訪問看護師育成研修の中でも認知症研修がありました。

そこでは、リアリティオリエンテーションを学びました。

例えば、24時間オリエンテーションとは、認知症高齢者とスタッフとの日常生活における基本的なコミュニケーションで、「自分は誰であるのか」「自分は現在どこにいるのか」「今は一体何時か」といった事柄に対する現実認識の機会を提供する手法です。

 

着替えや排泄の介助など、日々のケアの中でスタッフが認知症高齢者の注意や関心を意図的に天気や曜日、時間に向けたり、室内に飾られた季節の花、朝食の味噌汁のにおい、旬の魚を焼く香り、登校中の子ども達の声などを用いて見当識を補う手がかりを与える療法です。

認知症高齢者の不安を和らげる関わりを学ぶことで、認知症ご本人やご家族に安心感を与えられると思いました。

 

認知症は、決して他人事ではない社会問題です。

政府対策についての関係閣僚会合を開き、認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)を策定しました。

高齢者の4人に1人は認知症または予備軍と言われている現在。政府は9年後の2025年には、認知症患者が700万人(約5人に1人)まで増加するとの推計を発表しています。

オレンジプランではこうした背景をもとに、「認知症の人の意思が尊重され、出来る限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることが出来る社会の実現を目指す」を基本的な考え方に据えています。

 

医療従事者だけでなく、地域住民の方々にも理解を深めてもらうことで認知症の方々が地域で安心して暮らせる社会になると信じています。

 

岩手県訪問看護ステーション研修に参加しました

先日7/30~7/31に、岩手県盛岡にある岩手県立大学アイーナキャンパスで開催された岩手訪問看護師研修会に所長と私で参加してきました。

 

盛岡駅に着いて、まずは腹ごしらえ。

 

f:id:pokapoka888:20160805131345j:plain

 

盛岡駅からすぐの会場は、吹き抜けで近代的でおしゃれで、驚きました。

 

f:id:pokapoka888:20160805131412j:plain

 

さて、本題に入ります。

 

研修会の内容は以下になります。

 

「新卒訪問看護師採用の全国的な流れについて」

                   岩手県立大学看護学部教員 工藤氏

「新卒訪問看護師採用の経緯と育成の実際」

                   訪問看護ステーションくれよん所長 吉澤

「新卒訪問看護師の魅力」

                   訪問看護ステーションくれよん  松本

 

会場には岩手看護大学の教員や学生、岩手各地から訪問看護ステーション看護師の方々、そして行政の方などが参加されていました。

 

研修にお誘いして頂いたもともとの発端は、県立岩手看護大学教員である工藤さんがくれよんのHPのブログを見て頂いたことがきっかけでした。工藤さんの情報収集能力が、こちらのブログにたどり着いて下さったのだと思うと感謝の気持ちでいっぱいになります。工藤さん、素敵なファシリテートをありがとうございました。とても勉強になりました。アンケート結果をすぐにデータ化して下さり、仕事の速さを見習いたいと思いました。

 

今回の研修会では、新卒訪問看護師の採用・育成を所長が語り、新卒訪問看護師である私が自分の実体験(楽しくて苦しいこと)を語ることで、両側面を知って頂ける研修になったのではないかと思っています。

(写真:訪問看護ステーションくれよん 吉澤)

f:id:pokapoka888:20160805131501j:plain

 

質疑応答のときに、「ベテラン訪問看護師でも、小児(重症児)のケアは怖いと思うときがある」と参加された方がお話されているのを聞き、新人の私だけでなく多くの看護師が感じているのだと安心しました。

 

また、震災の影響が大きかった沿岸部の地域では、未だに多くの課題を抱えながら訪問看護に携わっているのだと知り、どうにか問題解決法はないかと考えさせられました。

 

訪問看護師の人材不足を払拭していくために、私たちが出来ることは、「訪問看護の魅力を新卒の私たちが伝えていくこと」だと思っています。私は自分が新卒訪問看護師になり、苦しかったことや楽しかったこと、感動したことや学びを看護学生や全ての看護師にどんどん発信していきたいと思っています。

新卒訪問看護師が訪問看護の楽しさを発信し、上司である所長が新卒訪問看護師の育成を発信していくことで、看護師人財イノベーション(※1)に繋がっていくと思います。

※1きらきら訪問ナース研究所「地域で育てる新卒訪問看護師のための包括的人材育成ガイドP3より引用しました。

 

f:id:pokapoka888:20160805131651j:plain

 

今から新卒で訪問看護師になれば、2025年問題をリアルに地域で支えられる訪問看護師になれると信じています。私自身まだまだ未熟ですが、ステーションのスタッフや地域の他職種の方々、利用者さんに支えて頂きながら少しずつ成長していきたいと思っています。

 

岩手県訪問看護ステーション看護師の皆様、行政の方、工藤さん、お手伝いや参加された看護学生の方々、大変お世話になりました。ありがとうございます。

 

*******************************************************************

 

翌日、所長とレンタカーを借りて車で浄土ヶ浜に行きました。

エメラルドグリーンの海が眩しく、ウミネコが心をほぐしてくれました。

 

f:id:pokapoka888:20160805131808j:plain

 

東京へ戻る新幹線では、お約束のビールです。

 

f:id:pokapoka888:20160805131838j:plain

 

是非、また岩手の皆様とお会いしたいです。

ありがとうございました。